年の瀬家電修理工房

 先日、我が家で使っている炊飯器(タイガーのJKC-J100)の時計の表示が消えてしまいました。
2008年製なので、5年経過していますし、時計用の電池がそろそろ寿命だったようです。
炊飯器の電池は修理に出すと結構な金額が取られるようで、ならば自前で修理してしまおう!と言う事で、作業開始です。
修理前の炊飯器…見事に時計が消えています

まずは本体を裏返して、4カ所のネジを外します。
隙間にマイナスドライバーを差し込み、慎重に隙間を広げると、底蓋(?)が外れて、炊飯器の中身とご対面。目指す電池があるのは手前側のファンの下にある基板です。


基板につながっているフラットケーブルやコネクタをそっと外すと、操作パネルを取り出せました。
ここに付いている黄色の絶縁体で覆われた物が交換対象の電池になりますので、基板とのハンダ付けをサクッと外します。
電池はCR2477の端子付きの物。電池表面に基板取り付け用の端子がスポット溶接されており、残念ながら一般流通はしていない製品のようです。
ということで、この先再び電池交換が必要になったときの事を踏まえて、CR2450用の電池ホルダー「SMTU2450」を秋葉原は千石電商で購入。写真のように接続しました。

 後は元通りに組み立て直して、時計を合わせれば完成!
タイマー予約で炊飯をする事はほとんど無いんですけどね(^^;

 ご飯も先ほど無事に炊き上がって、年の瀬の家電修理工房は無事に仕事納めを迎えました!

コメント

このブログの人気の投稿

オシャレなサイクルウェアが欲しい!で、選んだのは…

我らホーム 15 ~建方工事~

チューナーを修理